のぼり旗は1本あれば店舗でもイベントでも大活躍!

「のぼり旗を店の前に置きたい」と考えている方は少なくないでしょう。

しかしのぼり旗の効果はそれだけではなく、1本あればイベントなどでも大活躍。

ではのぼり旗の活用法をご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

■のぼり旗の通常の使い方

商店街などでよく見かけるのぼり旗。

風に揺れてはためくのぼり旗は、人目を惹きつけますよね。

通常、のぼり旗は店の前に置くことがほとんど。

特別なメンテナンスも必要がないので、1本置いておくだけで何年も先まで集客をサポートしてくれるでしょう。

■のぼり旗の意外な使い方

のぼり旗の使い方は、店舗の前に設置するだけではありません。

たとえば、イベントでの出店。

出店として構える際にも、のぼり旗は活躍します。

大きな文字と目を引く色でつくられたのぼり旗は、遠くからでも客足を引き寄せることでしょう。

また地域の物産展はもともと人気が高いですが、のぼり旗を設置すればさらなる集客が見込めます。

もし物産展への出店も考えているなら、のぼり旗を作成する際に地名も挿入してみてください。

たとえば「ラーメン」と書かれたのぼり旗。

それだけでも集客が見込めるものの、「札幌」など地名を入れればさらに集客は増大します。

物産店に訪れるお客さんは、その地域に馴染みがない方ばかり。

扱っている商品が地域の特産品だった場合は、ぜひ商品名と共に地名も入れてみてくださいね。

もちろん特産品を扱っていなくても、後々のことも考えて地名を入れておくに越したことはないでしょう。